私が恋愛・結婚を引き寄せることが出来た理由

 

 

このブログは、願望のなかでも特に収入、仕事といったことに焦点を当てています。引き寄せの法則だとスピリチュアルですが、そういった意味では成功哲学のノリですね。

 

ただし、引き寄せの法則に関心を寄せる人の願望としては、収入と同じくらい恋愛も多く、このところ恋愛の引き寄せに関する質問を受けることもあります。

 

それで、チビポールなりに引き寄せの法則と恋愛成就の関連性について、お話してみようかなと思います。

 

でも・・・

 

正直にお伝えすると、個人的には、自分が恋愛のことを語るのは身分不相応だなと思っています。その理由は、この後お伝えしますが、同事に、そんな人間だからこそ語れることもあるとも感じているので、素直に文章にしてみます。

 

引き寄せの法則で恋愛を引き寄せた?

 

それで、私が恋愛のことを語るのが身分不相応だと書いた理由ですが、私は恋愛に関しては、それほど困ったことがありません。悩んだことはほぼ無しと言ってもいいです。

 

だからといって、チビポールがモテモテの色男というわけではありません。むしろ正反対で、恋人が何年もいない時期もありました。

 

ところが・・・・

 

私は、恋人がいなかった時期にも、そのことについて一切悩まなかったんです。恋愛や結婚ということに無頓着で、『彼女はいるに越したことないけど、別にいなくても良くない?』と本気で思っていました。

 

なので、恋人がいなかった時にも、毎日を楽しく過ごしていました。

 

恋人

 

久々に彼女が出来た時、『けっこう恋愛って不便で面倒だな。彼女無しでもいいかも。』と思ったぐらいです。

 

ちょっと、これは余談ですが、私は今年(2013年)の春に結婚したのですが、そのことをFacebookで伝えたとき、コメント欄が驚きの声でいっぱいになりました(笑)

 

一番多かった反応が『チビポールさんが結婚するなんて!』というものです。真面目な顔で『結婚する気があったんですね』と言う人が何人もいました。 私のことを独身主義者だと思っていたようです。

 

数年前に経営していた会社の元部下やパートナーから、お祝いの寄せ書きをもらったのですが、そこにも『まさか?』というメッセージが溢れていて、それを見た妻が『どんな生活をしてきたの?』と不思議そうな顔をしていました。

 

私はこんな人間なので、究極的には恋愛で悩んでいる人の気持ちが分からない人間だと思います。

 

人間は痛みを経験しないと、人の気持ちが分からないという面がありますが、そういった意味では、私は恋愛に関しては、何かを言う資格はないかなと思っています。(真剣に悩んでいる人に対して、モノを言うのは失礼かなと思います。)

 

ただし、その反面、こんな人間だからこそ実感することがあります。それは、無頓着は願望実現の鍵でもあるなということです。

 

これは今でも覚えているのですが、3年ほど前に、ふと『彼女がいたほうが楽しいかも』と思った時があり、ちょうど同じ時期に友達から『彼女は作らないの?』と聞かれて、『作ろうかなと思っている』と何気なく口にしました。

 

もちろん、その時は誰か目当ての女性がいたといったことなどなく、全くのノープランです。ゼロの状態ですが、それから3ヶ月後には彼女が出来ていました。しかも、結果的に、その質問をしてきた友達経由での出会いでした。

 

その後は、色々と紆余曲折がありつつも、ずっと恋人がいる状態が続いて、最終的に今年、結婚に至ったというわけです。

 

目標として立ててから3ヶ月後に実現ですから、引き寄せの法則の事例として、これほど分かりやすいものはないですよね。

 

でも、私の正直な気持ちとしては、『願望が引き寄せられたのかな?』という感じです。というより、そもそも結婚や恋愛という願望が叶ったという認識すらないです。

 

恋愛、結婚を願望として意識したことがないからです。『彼女がいたらいいかな』とボヤ〜と思っていたら、そのまま現実になったという感じなので、願望と思う間もないよなという感じです。

 

その彼女が出来る前に、出会いを求めて合コンに行ったりもしたのですが、それも願望を実現するための行動という認識はありませんでした。

 

もちろん、彼女を作るという狙いがあり、そのための行動なのですから、理屈としては願望実現のための行動となるのですが、感覚的には、そんなキチンとしたことではないんです。すごくゆる〜い感じです。

 

それで、このゆるさがポイントなんです!

 

引き寄せの法則

 

私がはじめて収入に関する願望を実現した時の昔話

 

一方、私は仕事や収入というものに関しては、こんなゆるさはありません。気合い入れまくり、これが自分の人生だと言わんばかりに意欲的に取り組んできました。

 

その結果が、これです↓

http://hikiyose28.com/?p=80

 

見事に収入や仕事以外の願望がスムーズに実現するという結果になりました(笑)

 

収入と仕事だけは何をどうやっても、自分の思い通りにならず、自分が一番エネルギーを注いでいることなのに、なぜと不思議に思ったものです。

 

それで、ようやくたどり着いたキーワードが、この『緩さ』です。

 

収入と仕事に関して思い通りにならないと書いていますが、人生で一度だけ思い通り以上のことが実現したことがあります。

 

もう8年ぐらい前の話で、それからついこの間まで、それはラッキーだったからと思っていたのですが、一個だけ『そうか!』と思う原因がみつかりました。

 

願望が実現する1年半ぐらい前に、先輩経営者に誘われて、一緒にあるイメージワークに参加しました。Get the Futureという演劇形式のワークです。(ちょっと調べてみたのですが、今はもう存在していないようです。)

 

参加者が30人ぐらいいたのですが、一人が舞台監督となり、自分の願望が実現するまでのシナリオを設定、参加者に配役を割り振って、みんなで演技するという変わったワークでした。(自分も役者の一人として参加します。)

 

その時、私は独立した当初で鳴かず飛ばずの状態だったので、年商1億という目標を立てました。それで、配役を割り振ってスタートしたのですが、『1億達成したいのでよろしくお願いしま〜す』とゆる〜い感じで、色々な人にお願いして回るという劇になりました。

 

それは、私がその時、普通にイメージしたことを形にしただけで、何の理由もありません。

 

でも、それで実際に1年半後に実現しました。しかも、極めてスムーズにです。

 

それで、この間、その先輩経営者と再開して、その時の話になったのですが、そのワークで願望が実現する人は、劇をやるときに肩の力が入っていない人なのだそうです。

 

実際、その時、一緒に参加した友人は、事業でうまくいくという願望を気合いバリバリのスゴイ感じで演じたのですが、今現在、実現せずに苦労しています。

 

それで、私のことに話を戻すと、ここ数年は仕事と収入について苦労してきました。人並み以上の収入を得ているので、状況としては恵まれているのですが、昔のスムーズに願望が実現した時の状況と比べると、『なんで、こんなにうまくいかないの?』と不思議に思うぐらい、停滞感のある状態でした。

 

それが今年のなかばぐらいから、軽快感が出てきたのですが、そのキッカケが『ゆるさ』です。

 

これは心構えとしての話なのですが、これまでの数年間は、あまり仕事に熱を入れず、遊び回っていた反面、心のなかでは仕事と収入に対するこだわりが強くありました。

 

願望に対する執着

 

『これぐらいになるのが普通』、『これぐらいにならなければおかしい』、『これ以下の今の状態は違う』

 

こんな意識を抱えていました。

 

こういう意識というのは、軽い感覚で持っていればプラスだと思います。収入が増えるのが当たり前というイメージでもあるので、その方向に進む可能性が強いからです。

 

でも、こだわりすぎると、今度は願望実現を阻むブレーキになります。

 

私はイメージングについて、今はこんな考えを持っています。

 

願望に対する想い

 

想いが強ければ強いほどいいというわけではなく、ある地点を越えると、今度はマイナスに働くと感じています。これがいわゆる執着ですね。

 

仕事と収入に対して、願望が実現した時は軽くて、なかなかうまく回らなかった、ここ数年間は強すぎたというわけです。

 

ちなみに、週休5日ぐらいのペースでお金を使いまくって遊び回っていたにも関わらず、なぜか貯金が1年間で200万円ぐらい増えた時期もあるのですが、その時には、完全に遊びモードで、仕事やお金のことは、これっぽっちも考えませんでした。

 

それでも、お金が増えたので、そこで色気を出して、『これを継続しよう』とお金のことを意識するようになってから停滞気味になった気がします。

 

こう考えると、意識のありようというのは極めて重要なんだなと思います。

 

願望実現に対するこだわりを減らすには、どうすればいい?

 

だからといって、そう簡単に願望実現に対するこだわりを減らすことは難しいでしょう。それが出来るぐらいだったら、こんなことにはなっていません。

 

でも、何とかして減らさないことには、このままの状況が続きます。ここはジレンマですが、答えとしては、やっぱり執着を減らせるように少しずつ努力していくしかありません。

 

ちなみに、ここで執着を減らすと書いているのもポイントなのですが、無くすことは考えないほうがいいです。執着するというのは、それほどあなたにとって極めて大切なことということの裏返しです。

 

それを放り投げるのはもったいないですし、自分にとってかけがえのない願望として大切にしたほうがいいです。

 

ですから、執着を無くす必要はありませんが、減らすことはめざしましょう。

 

それで、どれくらいにまで減らせば良いのかという目安ですが、願望をイメージした時、心地よくなるぐらいにまでです。

 

執着している時は、願望のことを考えると辛くなったり、息苦しさ、圧迫感を感じるはずです。それは実現にこだわりすぎているからです。

 

願望というのは、実現の可能性を考えていない時が最も実現する確率が高くなります。叶っても叶わなくても、どちらでも良いという状態ですね。

 

こんな時には、願望のことを考えた時、爽やかで心地よい感じ、リラックスした気持ちになるので、こんなふうになるまで執着の度合いを減らすことを目的にします。

 

それで具体的な方法ですが、執着というのは意識のエネルギーを集中しすぎている状態なので、分散させる必要があります。

 

そのためには願望を増やすことです。

 

恋人が欲しいが今のあなたの願望だとしたら、それ以外のことでも願望を持つようにします。それは旅行に行きたいでも、お金を貯めたい、体重を減らしたいでも何でもOKです。

 

楽しいことのほうが意識を向けやすいので、趣味やレジャーに関することのほうがいいかもしれないですね。

 

ちなみに、私の場合、執着の対象は仕事と収入になりますが、薄めるキッカケになったのは、趣味に関する目標が出来たことです

 

元々、私は体を動かすことが好きなので、スポーツに関する目標を立てました。具体的にはモンゴルの砂漠を6日間かけて250キロ走るというマラソンがあるので、そこに出場して完走すること、ダイビングが好きなので、世界中の海を潜ること、特殊な訓練を受けることで深度100mまで潜るダイビングがあるので、それにチャレンジすることです。

 

引き寄せ

 

これらの目標を達成するには、お金が必要なので、頑張って仕事しようというモチベーションにもなるので、一石二鳥です。おかげさまで、今は楽しく仕事しています。

 

こんなふうに、自分が執着している願望の実現を間接的にサポートするようなことを新しい目標にするのもいいです。

 

結婚という願望に対してであれば、家事が出来るようにするとか、子育てのことを勉強するとか、恋人が出来たらドライブしたいから免許を取るとか、車を買うとかいったことです。

 

楽しく出来ること、意欲的に取り組めることであれば、何でもOKです!

 

こんなふうにして、意識のベクトルを分散させるのが願望実現のコツです。

 

願望実現の意識のベクトル

 

最後に!!

 

恋愛を引き寄せたい人に対するちょっとしたアドバイスです。

 

男女問わず、モテる人というのはオーラが輝いている人で、それは人生を楽しんでいる人です。ですから、恋人を作りたかったら、いかに毎日を楽しく過ごせるか、自分の人生を設計するようにしてください。

 

それが出来れば大丈夫です。

 

恋愛だと、美人ではないとダメとか、イケメンではないとダメとか思っている人が多いのですが、そんなことありません。私の友達でも、正直見た目は微妙だけど、常に恋人がいるという人間って、何人もいます。

 

彼らは、みんなエネルギッシュで一緒にいて楽しいです。そんな人間になれば恋愛は勝ちです!

 

 

 

 

現役経営者が書き下ろしたスピリチュアルの知恵を活かして、
効率良くお金を稼ぐ方法

当サイト管理人チビポールが自らの経験をもとに書き下ろした無料レポート。

 

宇宙の流れに沿って、スムーズに収入を増やしたい人、収入アップという願望を実現するプロセスのなかで、自分自身の精神性も同事に高めたい人に読んで頂きたいレポートです。

 

書いてあることは決して気楽なことばかりではありません。厳しい内容も含みますが、本気で自分の人生をより良くしていきたいという方には、ヒントとなるはずです。
詳細はこちら

 

レポートのご請求は、こちらから

スピリチュアルを活かして、お金を稼ぐ方法
お名前  *
メールアドレス  *


更新の励みとなります。記事がお役に立ちましたら、クリックをお願い致します。↓


哲学・思想 ブログランキングへ


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ
にほんブログ村

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ

引き寄せの法則 実践術~誰も知らない真実~